妊娠中に安心して歯医者さんにいくための注意点

>

妊娠中に腔内環境を整えよう

虫歯や歯周病になりやすい

妊娠中は、唾液の分泌低下、つわりで胃酸があがってきたり、すっぱいものを食べることで腔内が酸性に傾いてしまいます。
つわりや不規則な食事などで歯磨きも困難となります。
不衛生な状態だと虫歯になりやすくなります。
また、女性ホルモンは、歯周病菌や腔内細菌が繁殖するのを促進してしまいます。
歯周病菌に含まれるサイトカインは、子宮の伸縮させてしまう性質を持つため、早産や低体重児出産のリスクを高めてしまい、赤ちゃんに悪影響を及ぼしてしまいます。
妊娠性エプーリスは、妊娠初期から中期には歯茎にできものができ、赤く大きくなったりします。
良性で出産後に自然に治りますが、出血や痛みを伴うことがあります。
歯周病が原因の場合もありますので、歯科医院で相談してみましょう。

妊娠期別の歯科治療

妊娠1~4ヶ月は、つわりもあり切迫流産のリスクもありますので、身体に負担をかけるような長時間の治療は避けましょう。
痛みがある場合には、我慢することでストレスをためるのも赤ちゃんにはよくありませんので、一旦応急処置にとどめて安定期になってから治療をしていくのが一般的とされています。
妊娠5~8ヶ月の安定期は、治療するのに最も適していますので、積極的に治療を受けましょう。
ほとんどの治療は受けることができます。
インプラント治療や親知らずなどの抜歯については避けた方がいいです。
妊娠9ヶ月になると、おなかも大きくなり治療の体制もつらく、ストレスで早産のリスクがあります。
この時期も治療は避けて、痛みがある場合には、応急処置にとどめておきましょう。


TOPへ戻る