妊娠中に歯科治療を受ける際に注意すべきポイント

妊娠中に安心して歯医者さんにいくための注意点

赤ちゃんの虫歯菌

普段は何気なく歯科治療を受けていますが、妊娠中の方は虫歯治療をすることで赤ちゃんに影響があるのではないかと不安を抱えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
しかし、妊娠中にはホルモンバランスや身体の変化が起こりやすいため、虫歯や歯周炎になりやすくなります。
むしろこの時期にこそ受診した方がいいといえます。
定期的に妊婦健診は行われていますが、お口の中は見てくれません。
そのため自治体によっては、歯科検診費用の助成なども行っています。
母子手帳の歯科健診・保健指導時のポイントには、妊産婦歯科健診についても指導されています。
歯の健康管理のために是非活用していきましょう。
出産後には、家事や育児で余裕がなくなってしまい、虫歯や歯周病が進行してしまいます。
母親に虫歯があると赤ちゃんも虫歯のリスクが高くなります。
出産の準備と同じように正しいケアを心がけていきましょう。
虫歯菌はお母さんの使ったスプーンを遣ったり、キスしたりすることで赤ちゃんにうつってしまいます。
妊娠中に治療を受けておくことで、出産後に歯のトラブルで悩む可能性が低くなります。
赤ちゃんのためにも腔内環境を整えておきましょう。
妊娠中は、胎児への影響を考えて慎重になる方も多いようですが、きちんと配慮をすれば、歯科治療は安全です。
ホワイトニングや矯正治療、インプラント治療などはこの時期にはおすすめでできませんが、虫歯や歯周病は安心して治療を受けることはできます。

TOPへ戻る